So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

住まいのメンテナンス [architecture]

20年使い続けたトイレの換気扇が
とうとう壊れた
換気扇は照明器具連動タイプで
電源はコンセントでつながっている
これは自分でも交換できるかも?
ということで、先ずはメーカーに問合せ
20年も前の機種なので同じものがあるはずない
後継機種の品番と、素人でも取り付け可能なのかを確認
コンセントタイプなら可能でしょうとの返答
教えてもらった機種を購入手配
取り換えは15分程度で完了

それにしても換気扇もamazonで購入できるとは!

picsay-1410134507.jpg

火祭りロードレース&忍野八海 [running]

昨年も参加した大会、今年も10キロを走りました

昨年は冷たい雨の中だったけれど
今年は曇り空。日差しがあると暑いので
走るのには、ちょうど良いコンディション

01.jpg
ゴールゲートからは昨年は見えなかった大きな富士山

緩い下り道を5キロ、折り返して
同じ道をひたすら登るコース
富士山への登山道になってる道は両サイドに林が広がり
涼しい風と樹々の香りがとても心地よい
走りながら自然のパワーを実感

02.jpg
参加賞のTシャツには富士山世界遺産の文字

今夏は全然走ってなかったので、ノロノロのジョグペース
来年こそ、もうちょっと頑張った走りをしたいと
走りながらいろいろ反省

03.jpg
さて、走り終わったので温泉で汗を流して観光へ

忍野八海へ行ってみた
富士山とともに世界遺産登録された忍野八海は
富士山の伏流水を水源とする湧水池

04.jpg
風情のある中心地は予想よりコンパクトで
ちょっとテーマパークっぽい(笑)

観光客も多く、特にアジアからのお客さんが沢山
美味しい水をつかったお豆腐やそばなどが名物のよう

05.jpg
で、のどかな風景をみながらお疲れさまの生ビール&そば

帰りの中央高速は、渋滞で東京まで
4時間以上かかったけど、心地よい疲労で、ほぼ爆睡でした

東京建築士会 公開シンポジウムのお知らせ [architecture]

ブログ更新しない間に、冬から春へ、
そしてそろそろ初夏の気配を感じる季節となりました...

さてさて。
以前より活動参加している
東京建築士会女性委員会主催の公開シンポジウムが開催されます
今回は「住み継ぎの作法」-都市住居のストックと再生-と題して
現在、そしてこれからの中古住宅の流通について
またリノベーションを通して展開する新たな設計手法などについて
3人のパネラーをお迎えしてお話を伺います。
2020年には5軒に1軒は空き家になると言われている東京
住宅設計に携わる設計者にとっては、新築の設計よりも
リノベーションやリフォームが主流になる時代がやってきます

5月24日(土)の午後、このシンポジウムでお勉強しませんか?

3−14チラシ裏面.jpeg

☟☟☟詳細とお申し込み方法はこちらから!☟☟☟
http://www.tokyokenchikushikai.or.jp/jigyo_event/joseisympo.pdf

丹沢縦走 [life]

昨年末、富士登山以来の山小屋泊で丹沢を登ってきました
当初は、ヤビツ峠から入山する予定だったけれど
積雪でバスが行かないということで予定変更
小田急線渋川駅からバスで大倉入口まで行き朝9時、登山開始

【1日目】
今回は完全自炊、そしてトレーニングのために
シュラフも背負っているので荷物がかなり重い...
上のほうは立派な雪山になってるとのことでアイゼンも用意
富士山以降、日帰りで2回ほど山行したけれど
まだまだ初心者の域の私にはちょっとハードルが高い今回の計画
でも雲ひとつない快晴とおおきな富士山に感動しながら
まずは塔の岳を目指す

大倉ふじさん.jpg

途中の茶屋で昼食休憩。相模湾が一望出来る

相模湾.jpg

進めば進むほどどんどん雪が深くなってゆく
自然がつくった雪の模様が美しい

雪もあれ.jpg

塔の岳山頂はすっかり雪山の様相

塔の岳山頂.jpg

ここからは神奈川が一望出来る
江ノ島から大磯プリンス、二宮まで湘南国際マラソンのコースも一望
景色を楽しんだ後は丹沢山のみやま山荘を目指す
更に雪は深くなり、慣れないアイゼンを装着した足元は歩き辛い
午後4時、なんとか日没前に山荘に到着
ここからは関東平野が一望出来て夕景で灯りがつき始めた
東京の夜景は絶景だった
夕日があたった富士山もきれい

丹沢富士山.jpg

夕食はしゃぶしゃぶを自炊

しゃぶしゃぶ.jpg

持って来た食材を食べれば、その分明日の荷物が軽くなるので
どんどん食べる。食べた分だけ明日は楽になれる...(笑)
それにしても、なぜだかとても美味しい!
他のグループは焼き肉だったり、チーズフォンデュだったり
みな、美味しそうなメニューを自炊していた

山小屋の消灯時間は20:30
でも19:30には、すっかり眠りに入る
起床予定時間は5:30、10時間も眠れないよー!
と、思いきや、途中なんどか目を覚ましたけれど
きっちり5時半までシュラフの中でした

【2日目】
朝7時、蛭ヶ岳を目指し出発
山小屋のおばちゃんに途中滑落事故箇所があるから
気を付けてと言われ、ビビりながら進む
途中の絶景ポイント、富士山とアルプスの山々が一緒に見える

富士山とアルプス山脈.jpg

9時半、蛭ヶ岳到着
おやつの林檎をかじって次の山、桧洞丸を目指す
丹沢山の下りも、岩のクサリ場があって怖かったけど
蛭ヶ岳下りは更に激しいクサリ場が...
どうやらここが滑落事故のあった場所らしい
「落ちたら死ぬ」と思うと足がすくむ
深い雪と想像以上の難所で予定時間を大幅にオーバー
このままだと最終バスに下山が間にあわない
計画を立ててくれた山マスターにコース変更を提案すると
「他にコースはない」(他のコースのほうがより険しい)とのこと
目指す桧洞丸の山頂はうんざりするくらい遠くて高い...
心が折れそうになる、が、折れている時間はない
バスに間にあわなくともせめて日没までには下山しないと危ない

比較的元気だったのでタクシーの電話番号などを聞くために
一人先行して山頂の山小屋を目指す
積雪でしんと静まる山は、見渡す限り私以外誰もいない
聞こえるのは、遠くで鳴く動物の声と自分の呼吸の音だけ
登山だと思うとうんざりしそうなので
これはマラソンの練習だ!と自分に言い聞かせる
酸素は薄くないと思うけれど、かなりゼーハーする

山小屋へ到着。タクシーの番号は判らないけど
最終バスには間にあうらしいということが判って一安心
しばし後続の仲間を待ちながら休憩

ザック.jpg

とにかく日没までに下山をしなければ...
ひたすら下る。立ち止まって景色を楽しむ時間はない...
途中、鹿と遭遇。人に慣れているのか全然逃げない
というより、なにか期待した顔でこちらを見る
「食べ物なんてあげないよ!だって君は野生でしょ!」
しばらく前を一緒に歩いていたけど
諦めたのか、山の中へ消えて行った

午後4時半、下山。後はバス停のある
西丹沢自然教室まで沢沿いに歩く
日没後、ヘッドライトを付けて更に歩く
午後6時、最終地点に到着。
2日目、約10時間ほど山中を登ったり下ったり…
いやぁ、我ながら良く頑張った
しかし筋肉痛が心配だ...

参考までに今回歩いた行程

丹沢行程.jpg

ごあいさつ [life]

picsay-1388631193.jpg
新年明けましておめでとうございます
2014年もよろしくお願いいたします!

ベジタブルマラソン [running]

2013-10-05 09.18.54-picsay.jpg

戸田市で開催されたベジタブルマラソンに参加しました

当日は朝から雨...
スタート30分前に会場に着くと荷物預けに長蛇の列
並んで待つうちにどんどんスタート時間が迫る...するとアナウンスが

「雨でいろいろ遅れております。
スタート時間を10分程度遅らせたいと思います」

これまでたくさん大会に参加したけど、スタート時間を変更したのは初めてかも
雨のなか、すでに準備して並んでいるランナーもブーイングとかなしで
皆、淡々と並んでいる
規模の小さな大会はノンビリしていていいな

コースは周回コースで、彩湖の周りを4周で21キロ
周回コース、最初の1周は「これを後3周もするのかぁ...」と若干ウンザリするけど
様子がわかれば、あのエイドでスポーツドリンクの給水をしよう、とか
あのアップダウンが終わったらゴールまですぐ、最後は頑張ってダッシュしよう、とか
走りながらいろいろ計画出来るのがいい

結局、最後まで小雨が降る中ゴール
タイムは大したことなかったけど
しばらく練習をサボっていたから仕方ない

2013-10-05 09.18.44-picsay.jpg

小さな大会なのでスタートとゴールはノボリ。大きな大会だとゴールゲートとかあるんだけど...(笑)
こーゆーのもこじんまりしていて微笑ましい

2013-10-09 17.55.42-picsay.jpg

そして参加賞は野菜!ちょっと重かったけど着られないTシャツを貰うよりずっと嬉しい

ということで。
今日のメニューはカレーだな

火祭りロードレース&富士浅間神社 [running]

富士吉田市で開催された火祭りロードレースに参加しました

真夏のアップダウンのコースはキツいという評判だったので
とりあえず今年は10kでエントリー
暑さを覚悟して行ったのに当日は雨で気温は19℃
アップダウンのコースも思っていたほどではなくて
霧雨の中気持ち良く森林浴ラン、思い出に残るレースでした

レースの後、行ってみたかった富士浅間神社へ

2013-08-25 13.01.23-picsay.jpg

参道には翌日の火祭りの準備が
日本三奇祭のひとつだそうで是非一度見てみたい

2013-08-25 13.06.43-picsay.jpg

2013-08-25 13.08.41-picsay.jpg

杉並木と石燈籠の参道

2013-08-25 13.13.14-picsay.jpg

2000年近い歴史があるそうです
境内の奥に富士山登山道の吉田口があります
ここで参拝してから登山するのが、吉田口の本来のルートかな

2013-08-25 13.21.43-picsay.jpg

境内にある諏訪拝殿には赤富士御輿が...お祭りの準備でしょうか

2013-08-28 10.54.49-picsay.jpg

お土産に健脚守りを購入
もっと脚が早くなりますように〜と、神頼み...

吉田の火祭りHP
http://www.mfi.or.jp/himatsuri/

省エネ住宅の技術講習 [architecture]

picsay-1374985594.jpg
2日間の講習会に参加して来ました

すでに住宅でも、一部届け出義務のある省エネ基準
2030年の全面義務化を視野に、今後7年間で
新築住宅の省エネルギー基準適合率100%を目指すとのこと
まずは、設計者や施工者の教育からということで
施工者向け講習のリーダーとなる講習を受講

模型、DVD、テキストを使って1日で省エネ住宅の断熱施工の方法を中心に
制度の成り立ちや関連する制度についてや
断熱設計などについて説明をしなくてはいけない
内容が盛り沢山の上、設計や施工以外の内容は直接、施工者の興味の対象になりづらい部分
時間内で分かりやすく説明するためには自分がちゃんと理解出来ていなければ話は出来ない

最後の考査は無事、合格したけれど...
実際に講師となって話をするには、もう少し勉強しないと厳しいかな...

駒沢公園 [running]

picsay-1374325468.jpg
今日は住まいづくりナビセンターの
イベントで、駒沢にある住宅展示場の見学会
住宅メーカー4社の展示場をお客様とともに見学
久しぶりに駒沢に来たので、仕事帰りに駒沢公園に寄ってジョギング
ゆっくりジョグが終わる頃、空はきれいな夕焼けでした

富士登山 [life]

このタイミングで富士登山というと
すごーくミーハーな感じですが...
別に世界遺産登録されたから行った訳ではなく
マラソンを走り始めて、やや脚力が付いた頃から
ずっと登りたかった訳で...
やっと念願が叶ったのがタマタマこのタイミングでした

登山1日目、朝7:30にバスで新宿を出発し富士吉田の5合目へ。
13:30、登山開始。今回はツアーに参加したのでガイドが2人ついてくれた。
初心者が高山病で苦しむことがないよう、まずは、ゆっくりペースで。

1-6合目.jpg

緩やかな下りと登りで1時間、6合目に到着。ここからが本番って感じ。

2-7合目を見る.jpg
7合目の山小屋を目指してGO!

4-7合目付近の鳥居?.jpg
7合目の神社の鳥居

3-7合目付近?.jpg
登って行くと途中からこんな感じの
岩登りが始まる

5-8合目を見る.jpg
日頃の行いが良いせいか(笑)天候に恵まれたけれど
日が出ると暑い...
しかし山の空は目まぐるしく変わり
あっという間に霧の中。涼しくてありがたい。

6-8合目付近.jpg
8合目が近づくと景色も変わってくる

7-8合目夕日.jpg
8合目に到着する頃にはすっかり夕景に。

8-8合目富士の影.jpg
斜めの影は富士山の影。天気の良い日でないと見られないらしい。

19:30、8合目の山小屋トモエ館に到着。
夕飯のハンバーグカレーを食べ翌日の仕度をして21:00就寝。
幅45cm/人のスペースで寝袋で仮眠。
02:00起床。高山病のせいか、こめかみの辺りがうっすら痛い...
2:30、山頂でのご来光を目指して出発。

ここから山頂までが大渋滞。でも週末はこの2~3倍の人らしい...
しかし岩登りしながらの渋滞は結構キツい。

9-山頂入り口鳥居2.jpg
だんだん夜が明けて来た頃に山頂入口の鳥居が見えてきた。

10-リッツビット.jpg
日の出10分前に山頂に到着。
気圧が低いので色々なものがパンパンです...

11-ご来光.jpg
4:35ごろ、きれいな朝日です~♪

ご来光を堪能した後は火山口まわりを歩く「お鉢めぐり」へ
一部雪解けしていなかったので
富士山頂で一番高い地点の「剣が峰」を目指し
馬の背の坂を登って折り返す

13-馬の背を登る.jpg
馬の背の斜面。かなりゆっくりペースなのに
呼吸が苦しくてハァハァと息をする音がでる
標高3776mは空気が薄くて苦しい

14-最高地点標識.jpg
最高地点に到着~

15-富士火口.jpg
日が上ってきて火口の中が良く見える。それにしても日差しが強い。
まだ朝6:00なのに、もう暑い。

8合目の山小屋に戻って朝食を食べ、下山の準備。
8:30、下山開始。帰りの道は6合目まで行きとは別ルートで
この道が砂利道をひたすら下る単調なルート。
景色も面白くない。数年前の落石事故からルートが変わったらしいけど。
次回は違う下山ルートを探していこう。
と、いうことで帰りは一枚も写真を撮らずに帰りました。
12:40、吉田口5合目に無事到着~♪
約24時間の富士登山を終了しました。

名残惜しいので最後は、山頂での写真を再び。

16-山頂より下山.jpg

次回は、また違うルートで登山したいです~
前の10件 | -